「もしも空中でプロペラが止まったら?」そんな時の為の飛行訓練映像

プロペラ飛行機は、プロペラが停止してしまっても滑空だけで飛び続ける事が可能です。
プロペラが停止してしまう…なんて怖くて想像できませんが、そんな時に備えて訓練があります。

見事訓練成功の、緊迫感漂う映像をご覧下さい!

 

CTLS Flight design, 2. training emergency landing with instructor

拡大して再生

教官も緊張の面持ち


空中でブロロンと画面中央のプロペラが停止されます。
そこからは滑空、落下の力を浮力に変えて、フワフワと滑走路に向かっていきます。
訓練でも凄く曲げながら滑走路に進入していくのですね。
なんだかとっても難しそうな訓練ですね。迫力満点です!

ボーイング767の胴体着陸を一般の人が撮影した大迫力の映像

拡大して再生

迫力の胴体着陸!
なおこれは訓練ではないっ


こちらは胴体着陸を写した映像です。

コメント欄より引用:

ポーランドのワルシャワ空港で、乗員乗客230名を乗せたボーイング767型機が車輪トラブルにより胴体着陸を行いました。その時の様子を一般の人が撮影したムービー。

そーっとお尻から地面に着けて、徐々にお腹を地面へ。
素晴らしい運転さばきです!
大事に至らなくて良かったですね。

飛行機は運転手の素晴らしい技術に守られてます♪

この記事を共有する

関連記事

がなぶろ

世界のネタを狙い撃ち!
「がなぶろ」は、世界のいろいろなネタを紹介するブログです。
ちょっとした時間に、大人から子供まで誰でも楽しく見れるブログを目指しています。

トップページに戻る