取っ手のない鍋蓋のような楽器『ハングドラム』の優しい音色に癒される

叩く場所によって音色が変わる『ハングドラム』の動画です。

『ハングドラム』は2001年にスイスのベルンで開発された楽器だそうです。

柔らかいハングドラムの音色をお楽しみ下さい。

 

Very Unique Instrument

拡大して再生

うとうとしちゃいました。


鍋蓋やボールのような調理器具を改造して作ったような形をしている「ハングドラム」。
見た目は同じような音しか出ないように思いますが、場所によって音色が様々です。
「ハング」とはベルンの方言でハンド(手)を意味するそうです。

 

「Amazing」 street performer plays cool instrument!!

拡大して再生

楽しそうに叩いています。


ハングドラムをストリート演奏しているのはDANIEL WAPLESさん。
滑らかな指先で器用にハングドラムを叩きます。
ダニエルさんの笑顔を観ながら聴く演奏もとっても癒されました。

ちなみに、iPhoneアプリでもハングドラムのアプリがあるみたいです。
iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 PanDrumLite

 

この記事を共有する

関連記事

がなぶろ

世界のネタを狙い撃ち!
「がなぶろ」は、世界のいろいろなネタを紹介するブログです。
ちょっとした時間に、大人から子供まで誰でも楽しく見れるブログを目指しています。

トップページに戻る