18時間も生き埋め状態でも一命を取り留めた「ラッキーワン」と名付けられた強運のワンちゃん

グアテマラというメキシコから南にある国で、大雨による大規模な土砂崩れがあったそうです。
50名の犠牲者が出た中、懸命な救出作業が続けられたそうです。
その中に18時間という長い時間生き埋めになっていたワンちゃんが救助されたそうです。
奇跡の瞬間をご覧下さい。

 

Dog Buried in Landslide that Killed 50 is Saved by Rescuers



18時間・・!凄いです


最初は地下室で人がパイプでも叩いているかのような音だったので、頑張って掘ったそうです。
掘っていくうちに、犬の助けを求める声と分かったそうです。軽度の脱水症状で済んだそうで、本当に良かったです。
たくさんの人が助かった欲しいですし、ワンちゃんの命も助かって欲しいです。

ちなみにグアテマラはこちらです。



この記事を共有する

関連記事

がなぶろ

世界のネタを狙い撃ち!
「がなぶろ」は、世界のいろいろなネタを紹介するブログです。
ちょっとした時間に、大人から子供まで誰でも楽しく見れるブログを目指しています。

トップページに戻る