ぬいぐるみにも母性がある?!子猿のお母さんはリラックマだった

子猿がリラックマを母親代わりにして戯れている動画です。

動画を見てその可愛さに癒されました。しかしこの背景には悲しい出来事があったそうです。

子育てが大変なのは人間だけじゃないのかもしれないですね。

 

リラックマお母さん、ふたたび占領される

拡大して再生


この子猿は、2008年6月に市川市動植物園で生まれた二ホンザルのオトメちゃん。
生まれてまもなく育児放棄されてしまい、人工哺育で育ったそうです。
サルの群れに戻る練習としてリラックマ母さんが大抜擢されました。

この動画で他所の母ザルがオトメちゃんを気にかけていますが、やはりオトメちゃんにとってのお母さんはリラックマ母さんなのかもしれないですね。

オトメちゃんの生い立ちは動物園zoo研究会で紹介されています。
今まで頑張ってきたオトメちゃん、リラックマ母さん、職員さんに感服です。

 

子ザルのオトメ日記―お母さんはリラックマのぬいぐるみ
子ザルのオトメ日記―お母さんはリラックマのぬいぐるみ 動物園zoo研究会

興陽館 2010-12-24
売り上げランキング : 158070

Amazonで詳しく見るby G-Tools

みわちゃんとウリ坊 ほっこり時間 リラックマ生活9 やんわり上手―リラックマ生活〈8〉 リラックマ4クママンガ〈1〉 リラックマ 4クママンガ 2

 

オトメちゃん、食事中は必死です(5/31)

拡大して再生


2つ目もオトメちゃん。
餌を食べる時でも他の大人猿の大きな声が恐いのでリラックマ母さんの所に戻って来ました。
そんなオトメちゃんも1年前にはすっかり親離れ出来たようです。
大人になったオトメちゃんに会いに行きたくなりました。

この記事を共有する

関連記事

がなぶろ

世界のネタを狙い撃ち!
「がなぶろ」は、世界のいろいろなネタを紹介するブログです。
ちょっとした時間に、大人から子供まで誰でも楽しく見れるブログを目指しています。

トップページに戻る