これが光の先っちょ!! 1秒間に1兆フレームで捉えた光の動き

見たいと思ってもなかなか見ることの出来ない、「光の先っちょ」。
一体どうなっているのでしょうか。

紹介する動画は、わずか1秒間の間に1兆フレームという凄い機械で撮影された映像です。

光がどのようにりんごを照らしていくのか、ぜひご覧下さい。

 

引用元:

1秒「1兆フレーム」で光の進行をとらえるカメラ « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

Visualizing Light over a Fruit with a Trillion FPS Camera,
Camera Culture Group, Bawendi Lab, MIT

拡大して再生

ゆっくりと照射されていく様子が映し出されています


りんごの先が光りだし、そのまま光はゆっくりと後ろへ回って行きます。
後ろはこの時まだ暗いわけですから、光が届く間を撮影されているということです。
すっごく当たり前の事書きましたけど、凄い事だと思いません?!

光は1秒で約30万Km進む事が出来ます。0.1秒でも3万kmです。
物凄いスピードですよね。

 

Laser pulse shooting through a bottle
and visualized at a trillion frames per second

拡大して再生

ペットボトルの中を駆け抜けて行く光の先っちょ


ペットボトルの底から先まで、10億分の1秒という速度で駆け抜けます。
10億分の1秒・・・気が遠くなるほどの一瞬です。

しかし、光の先っちょは、やっぱり光ってました。
このカメラのお陰で、凄く幻想的な瞬間を目にできて嬉しいです。

この記事を共有する

関連記事

がなぶろ

世界のネタを狙い撃ち!
「がなぶろ」は、世界のいろいろなネタを紹介するブログです。
ちょっとした時間に、大人から子供まで誰でも楽しく見れるブログを目指しています。

トップページに戻る