決して不真面目じゃないです!ノートPCの代わりに、タイプライターを使う学生

タイプライターを授業に持ち込んだ学生の動画です。

絶対に先生に突っ込まれるであろう行為を、堂々と出来るこの勇気はなんなのでしょうか。
私は小心者なので、絶対にこんなことは出来ません。

ふざけ過ぎると、3つ目の動画みたいになるかもしれないのでご注意を!!

 

授業にタイプライターを持ち込んでみた

最後の音で許せちゃいそうです。


大学の講義にタイプライターを持ち込んだ男子学生。
静かな教室に響き渡るのは、ご察しの通り独特のタイプ音です。

大学生くらいになると、悪ふざけの言い訳も理にかなっている気がして笑うしかないです。
生徒全員がやったら、タイプ音で講義が聞こえなくなりそうですね。

 

教師は携帯電話嫌い

拡大して再生

運が悪いとこうなります。


授業態度やマナーが悪いと、こうなることもあるので注意です。
特に恐くて有名な教師の授業の前には、細心の注意を払わなければならないですね。

教師のスッキリとした表情と、呆然とする学生が対照的です。
それにしても迫力ありますね!

 

Shutting up the kids

拡大して再生

相手が警官だとピンチです。


極めつけの3つ目。警官の講演の動画です。

講演が始まりましたが、先生が注意してもガヤガヤとお喋りを続ける生徒たち。
何を言っても、一向に静まりません。
すると、警官が驚くべき行動に出ました!

これを見て、真面目に授業を受けていて良かったと胸を撫で下ろしました。
ふざける時は相手を選んだほうが良さそうですね。

 

ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術
ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術 バルバラ・ベルクハン 小川捷子

阪急コミュニケーションズ 2009-12-09
売り上げランキング : 30001

Amazonで詳しく見るby G-Tools

アタマにくる一言へのとっさの対応術 (ソフトバンク文庫) グサリとくる一言をはね返す心の護身術 (ソフトバンク文庫) 人に甘く見られない38のルール 大人のケンカ必勝法―論争・心理戦に絶対負けないテクニック (PHP文庫) ムカつく相手にもはっきり伝えるオトナの交渉術
黙らない大人にはこれが効きそうです。

この記事を共有する

関連記事

がなぶろ

世界のネタを狙い撃ち!
「がなぶろ」は、世界のいろいろなネタを紹介するブログです。
ちょっとした時間に、大人から子供まで誰でも楽しく見れるブログを目指しています。

トップページに戻る