インドネシアの命がけの通学路!!長さ160m。全壊寸前の吊り橋を渡る子供達

インドネシアの子供たちが、毎日命がけで学校に通っている動画です。

これはアスレチックでなく、通学路の吊り橋。日本では絶対にありえない光景です。

あまりの衝撃に目が離せません!

 

Indonesian children undertake world's most dangerous school run

拡大して再生

大切な人には渡って欲しくないです。


片側が切れてしまった状態の吊り橋を、次々と渡っていく子供たち。
案の定、怖がっている人もいますね。

こんな吊り橋の状態で、毎日子供を通わせていると思ったらぞっとしました。
一刻も早く安全な吊り橋に直して欲しいです。

 

Human Planet | Mountains: The most dangerous school run in the world | Sundays, 7.30pm, ABC1

拡大して再生

100kmも気が抜けないのは辛いです。


こちらは、命をかけて学校に通っているヒマラヤの親子の動画です。
凍ったザンスカール川の上を、父親が先頭に立って氷をつつきながら歩いていきます。

毎日行ったり来たりという事はなさそうなので、普段は寮にでも住んでいるのでしょうか。
それにしても、終始気の抜けない通学路ですね。

 

この記事を共有する

関連記事

がなぶろ

世界のネタを狙い撃ち!
「がなぶろ」は、世界のいろいろなネタを紹介するブログです。
ちょっとした時間に、大人から子供まで誰でも楽しく見れるブログを目指しています。

トップページに戻る