ついに人類の能力を超えた?!IBMの優秀な質疑応答システム「ワトソン」が凄い

IBMの質疑応答システム「Watson(ワトソン)」の動画です。

人類が作り出したものが、ここまで発達すると誰が思ったでしょうか。

優秀過ぎる「ワトソン」のクイズ回答っぷりをご覧ください!

 

IBM and the Jeopardy Challenge(日本語字幕)

拡大して再生

衝撃的です!


1997年チェスの対決で、コンピュータが人間に勝ったというニュースを聞いた時の衝撃は、今でも忘れません。
この動画を見てその時と同じ衝撃が、再びやってきました!

米国の人気クイズ番組「ジョパディ!」にチャレンジするコンピューター「Watson(ワトソン)」。
質問された内容を理解して、答えを見つけ出すというのです!
回答も人が喋っているかのように読み上げています。

いつしかコンピュータが人類のような感情を持ってしまったらと考えると、ちょっと怖いです。

 

【理工学m@ster祭り2nd】チェス世界チャンピオンを負かしたコンピューター

人間が情報科学並に進化することはないのでしょうか。


今は人類のほうがコンピュータより上だと思っていましたが、よくよく考えてみるとそうでもないかもしれません。
失業者が多くなっているのは情報科学が発達しすぎた結果のような気もします。
でも、それを開発しているのは人類なんです。

IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる
IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる スティーヴン・ベイカー 金山博・武田浩一(日本IBM東京基礎研究所)

早川書房 2011-08-25
売り上げランキング : 13517

Amazonで詳しく見るby G-Tools

数字で世界を操る巨人たち ウェットウェア: 単細胞は生きたコンピューターである グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ お金の哲学 (サンマーク文庫) 謎のチェス指し人形「ターク」

この記事を共有する

関連記事

がなぶろ

世界のネタを狙い撃ち!
「がなぶろ」は、世界のいろいろなネタを紹介するブログです。
ちょっとした時間に、大人から子供まで誰でも楽しく見れるブログを目指しています。

トップページに戻る